大手進学塾こそ中学受験で最も有利な塾といわれています。中学受験の情報収集能力、カリキュラムの綿密さ、合格実績、いずれもほかの塾に劣らない実力ある塾です。集団指導、学力別クラスでの指導に自信を持っていた進学塾ですが、最近ちょっと風潮が変わってきています。それは、大手進学塾による個別指導クラスの導入です。

集団指導を行ってきた大手進学塾で、個別指導クラス、システムを設ける塾が増加傾向にあるのです。この背景には学力向上、苦手科目克服、また中学受験の基本塾として個別指導塾が選ばれることが多くなっているからです。

子供に合わせた独自のカリキュラムでそのお子さんの為の指導が行われるというきめ細かさ、苦手科目も徹底指導によって克服でき、学力レベルもぐっとアップできる、お子さんの学習スピードに合わせて指導してくれるので、子供自身もリラックスして集中力を持ち勉強に取り組めます。

また集団指導塾に通っているお子さんの中で、ダブルスクールに個別指導塾を選択するお子さんも多くなっています。ダブルスクールは集団型指導塾プラス家庭教師、また集団指導塾プラス個別指導塾など二つの指導を並行利用する事をいいます。費用も掛かりますが、苦手科目克服のためには個別指導塾でしっかり指導してもらう事が一番と考える保護者が多かったのです。

だったら集団型指導の中に、苦手克服、基礎学力向上を目指す個別指導クラスを作ろうという事になったのでしょう。いずれにしても、お子さんにあった指導を選択し、中学受験を目指す中で見つかった問題は、即対応していくため、保護者がお子さんを深く理解し見守っていく事が重要です。