最近は集団型指導塾でも保護者会や個別面談がこまめに行われるようになっています。一昔前まで集団指導型塾は、保護者会も少なく個別面談も回数が決まっていて、相談したいことがあっても時間を取ってもらえないことが多かったです。しかし、最近は個別指導塾のように、保護者との面談が必要不可欠といわれる指導に魅力を感じる保護者が多くなり、集団型指導塾でも面談、保護者会の回数が多くなっています。

個別指導塾に入塾する際には、必ず保護者との面談があり、お子さんの性格、苦手な科目、家庭での学習時間や取り組み方など細かく質問してきます。これは、この先個別指導を行う上でとても重要な事であり、指導の基本となる事なので、実際に指導が始まってからも、定期的に保護者と面談し、細かく対応していくことが大切と考えているからです。

お子さんの性格を理解し、学力のレベルを判断しカリキュラムを組む、この中には当然、保護者がお子さんを理解し見守り、家庭の学習環境をよくするという事も大切であり、家庭学習ができているか、保護者に確認する事も多くなります。個別指導塾こそ保護者との関連が強く、また保護者の協力なしに円滑な個別指導ができないと考えている塾が多いのです。