中学受験ではたった1点が合否の差となってしまったという事もあります。一般的に中学受験は国語、算数、理科、社会の4科目の学力テストで合否判定がされます。面接や調査書提出などがあってもメインは学力テストです。この学力テストで出来る限りいい点数を取る事が合格に結びつく要因となります。

小学校4年生当りから中学受験に沿った生活が始まるご家庭が多いのですが、もしもこの時点で、お子さんに苦手科目がある事が判明したら、すぐにお子さんにあった個別指導塾を探し苦手科目克服を行いましょう。

大手進学塾に入って質の高い指導を受ければ、苦手科目もだんだん成績が上がっていくでしょう?と考える保護者もいますが、真逆です。大手進学塾の集団指導では、学習スピードが速く、得意科目でもついていくのが大変で、一回塾を休んだだけでも内容がわからなくなってしまうというほどの塾もあります。

苦手でわからないと感じているお子さんが追い付くまで待ってくれないのが集団型指導の厳しいところです。苦手科目があるお子さんは個別指導塾を利用し、まず苦手科目をなくし、一定のレベルまで来たらさらに上の応用問題などをこなしていくと安心です。個別指導はこういう時に最大の力を発揮できる塾です。