中学受験に必死になる余り、この塾がいいと思うと勝手に入塾を決めてきてしまう保護者も多いです。この場合、中学受験を目指すという事自体も相談されていないというお子さんも多く、後、小学校高学年になり、思春期の入口に立つくらいの年齢になってから、いきなり反抗され、中学受験なんて親が勝手に決めたことなんだから、僕はやらないといわれる可能性もあります。

まず中学受験をなぜ行うのか、目指すのかの説明をしっかりお子さんに聞いてもらい、お子さんの意見にも耳を貸しましょう。その上で志望する私立中学の体育祭などを見せたり、体験授業に参加させたり、学校説明会などの行事に参加させ、私立中学の魅力をお子さんにしっかり伝えることです。

並行して塾に行く事、個別指導塾で教育を受けることで、中学受験のみならず、公立中学に行っても困らないだけの学力がつくこと、また高校受験の為にもなる事を説明し、塾を選択する事です。保護者がこの子には絶対個別指導塾があっていると感じても、また逆に、この子は集団指導塾で競争することで成績が伸びる可能性があると思っても、お子さんの意見を聞き、先入観なしに塾を選ぶ事が必須です。

お子さんの性格、学力をしっかり確認し、個別指導、集団指導にこだわらずお子さんにあった、またお子さんの志望に沿った塾の選択を考えましょう。