個別指導塾は集団型指導塾とは違い、生徒一人一人にきめ細かな指導ができるという事で、大手進学塾でも注目されている指導方法です。学習レベルが低いお子さんがいても、そのお子さんにかまっていることができない集団指導とは違い、そのお子さんが理解できるようにカリキュラムを組んでいくのが個別指導塾なので、中学受験のためのレベルの高い指導も、基礎学力向上のための指導も、苦手科目についての指導も、様々な対応ができる魅力的な指導方法です。

個別指導にも、完全個別指導となる講師1人に生徒1人、という指導もあれば、講師1人に3人〜4人の少人数制指導があります。少人数制指導、グループ指導も、個別指導と呼ばれるので、安易に個別指導だから1対1と思わず、塾の指導方法をよく理解する事が必須です。

お子さんの性格によって、完全に講師が1人の方がほかの子を気にすることなく勉強できるのか、それともお友達が数人いた方が安心できるのか違いがありますので、体験入塾や見学などに参加し、お子さん本人が実際に個別指導とはどういうものか理解してから、入塾する個別指導塾を決定していく方がいいでしょう。指導カリキュラムや費用にもかなり違いがありますので、塾の質や指導方針などにも精通しておくことが大切です。