中学受験を目指すご家庭のほとんどが、お子さんの意思ではなく、保護者の理想から始まります。こういう中学に通わせたい、こういう教育を受けてほしいなど、私立中学や中高一貫教育校の特徴を理解し、その魅力を知り中学受験を決定するご家庭が多いのです。

個別指導塾や集団型指導のうち、子供にあった指導方法を選択し、自学もしっかり行うようにお子さんに話をしても、「お子さんが納得して中学受験に挑まなければ」一生懸命勉強する気持ちになりませんし、モチベーションも上がりません。イコール、成績向上が見られないという状態になります。やる気が起らないとわからないこともそのままになってしまう事が多いので、苦手科目が出てきていよいよ勉強する気が無くなります。

個別指導塾の講師はまず、お子さんがどこで躓いたのか、どこでわからなくなったのかを理解しようと努めます。それが分ったらわからなくなった部分を徹底的に指導し、お子さんが自ら問題を解けるようにしていきます。私立中学に行くことに納得していなくても、魅力を感じなくても、今まで解く事ができなかった問題を解けるようになると、俄然やる気が出てくるものです。

保護者は私立中学の体験授業やオープンスクールなど積極的に参加させ、お子さんが私立中学とはどういう所なのか、どういう魅力があるのかを理解させます。少しずつ公立中学との差が理解でき魅力を感じるようになってきたところで、個別指導によってわからないことがわかるようになっていくと、中学受験に前向きに取り組む姿が見られるようになります。