個別指導塾、集団指導型塾、これらの塾を利用する事が中学受験を目指すお子さんにとって必要不可欠な事といわれます。小学校の授業だけでは全く追いつかないといわれる中学受験の学力テストで出題される問題を見ると、塾の指導が必要という事が理解できます。

算数では単純な計算問題を正確に、早く解くことが必要となるほか、問題の意図を読みとる事も難しい応用問題などかなり高度な問題が出題されます。最近は計算問題が多く出題され、正確にスピーディに解く能力を見極める学校が多くなっています。

国語は小学生に出す問題とは思えないような長文問題が出ます。5,000文字を超える長文問題を読み、問題の意図をつかみ、記述式の解答を求められますので、長文問題に慣れておくこと、記述式の解答ができるようになっておくこと、このほか四字熟語、ことわざ、漢字にも強くなっておくことが必要です。

理科は通常の記憶問題に加えて特殊なてこの問題が出たり、重力についての問題、電気についての問題など、深く理解しておかないと解けない問題が出ます。これについても記述式なので、どう解くか、どう理解するか、指導を受けておかなければなりません。

社会は時事問題が出題されることが中学受験の特徴です。各学校で違いがありますが、その年に大きく取り上げられたニュースなどを記述式で解答する事が求められます。このように、中学受験で出題される問題は複雑で、学校によっては個性的で難解な問題が出題されるため、塾など中学受験に特化した教育ができるところを利用しなければならないといわれるのです。