小学校高学年になってから中学受験を目指すご家庭が多い中、低学年時から中学受験を意識した教育を受けさせるご家庭も多くなっています。近年、中学受験を実施する私立中学や公立の中高一貫教育校への注目が高まり、義務教育の公立中学に通わせるより、将来の事を考え、中学受験を行ってレベルの高い教育を受けさせたいと願う保護者が多くなっているのです。

小学校の早い年代で中学受験を考慮するなら、色々な指導を考える事ができます。最近は大手進学塾でも個別指導クラスを設けるなど、お子さん一人ひとりの学力にあった指導方法が注目されていますが、低学年から個別指導塾を利用すれば、高学年になり、中学受験の応用問題など志望校の出題傾向に合わせた指導になった時でも、対応できる力を付けることが可能です。

小学校低学年でも、お子さんによって苦手科目があります。国語は得意だけれど算数の計算が遅い、判断力が弱いなどそれぞれに弱点があります。まだそれほど大きな弱点となっていないところから指導できますので、お子さんもそれほど苦労なく弱点を克服できるでしょう。

個別指導塾を低学年時から利用する場合、進学塾という考え方より、普段の授業で教わる内容をもれなく身に着けるという意識で利用していくと高い基礎学力が養われます。