教育熱心なご家庭では幼稚舎を含む幼いころから受験をさせ、より高い学力を身に着けさせようと必死です。最終的には超難関大学の受験に適応できるようにという事で、幼稚舎、小学校のお受験等を考慮してまでも、附属大学有の名門幼稚園、名門の小学校への受験も考慮されています。

もちろん、中学受験は視野に入っており、小さい頃から家庭教師や習いごと、補習塾などを利用し学習する習慣を身に着けています。最近は小学校低学年時から入塾できる進学塾もありますし、ご家庭の中には小学校低学年時から個別指導塾を利用し、基礎学力向上に力を入れているご家庭も多いです。

これから中学受験を目指すご家庭があれば、苦手科目の克服は早く済ませておくことが重要です。苦手な科目はわからないから嫌い、苦手です。理解し問題が解けるようになると、苦手科目も得意科目に変わる可能性があります。

中学受験を目指す年代がいつなのかによりますが、低学年なら苦手科目を作らないため、個別指導などを利用し細かく学習する、すでに中学年になっていて苦手科目が出てきているようなら、解けるように指導してもらい自信を持たせることが大切です。高学年になってから苦手科目を克服するのは大変ですが、苦手科目は特に重点的に個別指導を利用する等考えていくといいでしょう。