個別指導塾でも中学受験に沿った指導を行う塾では、進学塾同様、先取り教育によって指導が進められていきます。公立小学校の授業で習う先の単元を塾でどんどん指導しているのです。なぜ、先取り教育が中学受験のために利用する個別指導塾などでも必要になるのかというと、中学受験こそ先取り教育がなくては解けない問題の宝庫だからです。

超難関校の受験問題には、高校で解く問題がみられることもあるというくらい難解で、個性的です。中学受験時に、中学や高校で習うような問題が出てくるのですから、中学受験を目指すお子さんは、この難しい問題に慣れておかなければなりませんし、完全に先取りとなっている問題を解く指導を受けておかなければなりません。

その為に集団指導塾や個別指導塾があります。こうした中学受験の出題に沿った指導を行っている塾では、小学校の教科書にあるような問題以外、その先の中学で指導されるような問題を小学生の知識で解くノウハウを指導しています。通常、こうした特殊な指導を受けることで、中学受験で出題される問題に慣れておくことが重要なのです。

中学受験の各学校の問題が、先取り教育ありきで当然のように作られているのですから、塾でも、個別指導、集団指導に関わらず、先取り教育による指導が必要となるのです。