私立小学校に通うお子さんは、先取り教育を受けていることが多いです。先取り教育は主に私立系で多く行われていますが、国の教育指導要領に沿って授業を進めるのではなく、小学校1年生の時、2年生や3年生の単元を取りいれ、独自の教育方針で学習プログラムを進めていく指導です。

公立小学校から私立中学を目指す際には、小学校6年生でも6年生で消化しなければならない単元の勉強を行いながら、受験勉強をしなければなりませんが、私立小学校のお子さんは先取り教育で6年生に上がる時には6年生の単元全て修了しているという事もあるので、受験に有利なのです。

また塾の授業についても私立小学校に通うお子さんと、公立小学校に通うお子さんでは、学習スピードについていけるかどうかという点においても差が出てきます。中学受験に特化した進学塾では、先取り教育が行われていることが前提で授業が進められますし、授業のスピードも速いです。私立小学校のお子さんは先取り教育を受けており、しかも授業スピードの速さにも学校で慣れているため、この格差は塾でも感じられるのです。

小学校の授業と塾の授業をしっかり両立されていくために、進学塾に行く前、個別指導塾で格差をなくしてから進学塾に入塾する、また個別指導で中学受験に沿った指導をそのまま、早い段階から継続するというご家庭が多いです。