日本の教育では義務教育が中学まであるので、通常、公立小学校から公立中学に通い、その後、高校進学の時点で受験勉強をはじめます。でも最近は中学受験を実施する私立中学や、公立の中高一貫教育校が非常に注目され、その質の高い指導や素晴らしい学校の施設、独自の教育方針に共感し、お子さんをその中学にぜひ入学させたいと考える保護者が多くなっています。

中学受験というと、やはり集団型指導がメインです。多くの中学受験を目指すお子さんがよりよい指導を求めて全国展開する超有名塾への入塾を願っています。大手進学塾の中でも、超有名塾では入塾テストで合否判定があるため、入れないお子さんも出てきます。そのため、大手進学塾の入塾テストに合格するために補習塾や進学塾に通うお子さんがいるくらいです。

なぜみんなレベルの高い進学塾に行きたいのかというと、指導力がありカリキュラム、テキストがしっかりしているので、ぶれない指導をしてくれる、テストや宿題が多く、常に高い意識の中勉強ができる、さらには大手ならではの情報力があるからです。

中学受験も情報勝負といわれる位で、より多くの新しい情報をオンタイムで仕入れることが合格の秘訣といわれるほどです。その情報をいち早く入手できるという点も、進学塾の大きな利点です。