中学受験の塾選びでは、お子さんの性格を見極めることが重要です。塾には集団指導と個別指導があり、それぞれによさがあります。しかしその前にお子さんがどのような性格なのか、保護者がしっかり理解することが塾選びの指針となります。

お子さんが何をするにも積極的で、人に対して物おじせずしっかり話ができる、先生に対してはっきり返事ができる、大勢人がいても恥ずかしがることなく自分の意見をしっかり伝える事ができるなど積極性を持ったお子さんは、集団指導でも自分の力を発揮するでしょう。また学力が同じくらいのお子さんがいれば、この子よりも上に行きたいと競争精神をもって勉強も頑張れます。

お子さんが消極的で優しく人に気を使えるお子さんで、競争するよりもみんな仲良く過ごしていきたい、争い事が嫌い、人前に出て話をするなど絶対無理という消極的なお子さんなら、個別指導塾などの方が成績を上げる傾向にあります。集団だと先生に話をしたり、質問したりできないけれど、1対1で慣れてくると雄弁になるというお子さんもいます。

お子さんの性格を大きく分け、積極性のあるお子さんは集団指導型、消極性が強いお子さんは個別指導塾などのマンツーマン教育を選び、費用面、通塾の事などよく考慮し塾を決めましょう。