中学受験を目指すご家庭で、保護者が考える有能な塾とはどういう塾でしょう。中学受験を考慮し始めるのは一般的に小学校高学年に上がる前、4年生の時期が多いといわれていますが、この以前から中学受験の為基礎学力をつけるなど、教育に力を入れているご家庭もあります。

小学校のどの年代に塾を利用するかによって、「この塾は有能」と思う塾が違ってくるはずです。最近は小学校低学年時のクラスを設けている中学受験に特化した進学塾もありますが、通常、低学年時は基礎学力をつける、勉強する癖をつけるという事が基本となるため、補習塾でもいいでしょうし、家庭教師でも構いません。学校から帰ってきて宿題を終え、その後、今日授業でやったところの復習、明日授業でやるところの予習を行うといった、家庭学習のリズムを付けるという事が基本となるので、塾でも家庭教師でも、また集団型でも個別指導でもいいでしょう。

小学校の4年生位には基礎学力がしっかり整い、少なくとも5年生では、中学受験に向かって質の高い学習をする時期に入ります。この年代において保護者が有能と感じる塾は、応用問題が解けるようになり成績を少しずつでもアップさせることができる、またお子さんのやる気をしっかり導き出してくれる塾といえます。

年代によっても必要な塾の指導が違ってきます。年代ごとにしてほしいことをしっかり行ってくれる塾こそ、有能な塾といえるでしょう。