個別指導塾を中学受験で利用する前に、なぜ、中学受験では塾が決め手、塾の利用が必須といわれるのでしょうか。中学受験と塾の関係についてしっかり把握しておくとお子さんにあった塾選びに役立ちます。

中学受験の入試問題を見たことがあるでしょうか。大人がびっくりするくらい難解で、これが小学生の解く問題なの?と多くの保護者が驚かれます。小学生が習う範囲を超え、中学受験では平気で中学の授業で習うようなところが出てきます。ただ、中学生ではないので、中学で習う解き方で解くことは×です。「小学生として習ってきた解き方で、中学生が解くような問題を解く」事が求められるから、中学受験は非常に難しいといわれるのです。

このような指導は小学校の授業で行いません。通常、公立小学校に通っていれば、国の指導方針に基づいた教育が行われますので、中学で出る様な問題を解くこともありませんし、その単元を習う事もありません。またもちろん、中学受験で出題される問題について傾向と対策を練り、実際に解けるように指導する事もありません。

そこで必要になるのが、進学塾のように中学受験の問題を解く力を指導してくれる塾なのです。塾に通わなければ合格しないという事はありません。でも、塾に通う事で志望校合格が近くなるという事は言えるのです。