2016年に早稲田中学合格を目指して理科の勉強をするのに適した塾というと、中学受験の知識が深い保護者の多くが、進学塾、それも大手進学塾と解答するでしょう。大手進学塾の多くが、中学受験指導のノウハウを持ち、有能で指導力の高い講師が在籍し、合格率も非常に高いものがあります。中学受験を行い難関校に行かせたいと願う保護者にとって、大手進学塾が味方になってくれることは本当に心強い事でしょう。

でも集団に弱いお子さんもいます。小学校でクラスのみんなと慣れてきていても、授業中手をあげて質問できなかったり、先生に声をかけられないお子さんも多いです。大人しく優しい、お友達もいる、でも消極的で緊張しやすく初対面に弱いというお子さんを集団型指導の塾に入れてはたして成績が伸びるものなのか、これは保護者にとってとても不安な事でしょう。

塾は合格率や実績、講師の質など比較要素がたくさんあります。その中で保護者が最も考えなくてはならないのがお子さんとの相性です。集団型指導の塾がいくら定評のある塾でも、お子さんが委縮し通う事でストレスとなりかえって成績が落ちるようでは元も子もありません。

最近は大手進学塾でも個別指導クラスを作るなど、個別指導塾に着目している塾が多くなっています。多くは苦手科目克服や基礎学力の向上に利用されるのですが、個別指導だけを行っている塾の中にも、指導力に優れ、合格実績をあげている塾も多くなっています。

当サイトは中学受験を目指すご家庭に、個別指導塾の利用の可能性をお知らせしたいと作ったサイトです。個別指導塾も使い方によってお子さんの成績をぐっと伸ばす塾になります。中学受験という難関に挑むご家庭のお力に、少しでもなれたら幸いです。